カテゴリ一覧
最近の更新
メニュー

2016/02/23 EdgeMAX シリーズのファームウェア v1.8.0 がリリースされました。
詳細はこちら をご覧下さい。

設定例 > Service > DNS Forwarding

提供: EdgeOS 日本語Wiki [非公式]
移動: 案内検索

このページの概要

  • EdgeOS にて、DNS Forwarding を設定する設定例をご紹介します。
  • Web UI での設定、コマンドでの設定、それぞれご紹介します。


前提・設定内容

  • WAN側のポートは eth0、LAN側のポートは eth1 とします。
  • DNS Forwarding のキャッシュサイズは 150 を設定しています。
    0-10000 の間で設定可能ですので、環境に合わせた数値を設定しましょう。
  • forward 先として、System の DNS を利用します。
    合わせて、 System DNS の設定を行わないと、名前解決できなくなります。



Web UI での設定

( 未作成 )


コマンドでの設定

  1. Configure モードに入ります。
    USER01@EDGEOS:~$ configure
    [edit]
    USER01@EDGEOS#
    
  2. eth1 に対して cache サイズ 150 で DNS forwarding を On にします。プロンプトは省略しています。
    set service dns forwarding cache-size 150
    set service dns forwarding listen-on eth1
    set service dns forwarding system
    
  3. 設定をコミットします。
    USER01@EDGEOS# commit
    
  4. 再起動後にも反映されるよう、設定を保存します。
    USER01@EDGEOS# save
    Saving configuration to '/config/config.boot'...
    Done
    [edit]
    

Forward 先を DHCP 通知サーバーにする場合

  • DNS Forward 先として、System DNS ではなく、DHCP サーバーから受け取った DNS サーバーを指定する場合
    eth0 を WAN 用 DHCP で設定している場合の設定例です。
set service dns forwarding system

set service dns forwarding dhcp eth0

のように差し替えて下さい。



関連項目

ご意見を共有しましょう