カテゴリ一覧
最近の更新
メニュー

2016/02/23 EdgeMAX シリーズのファームウェア v1.8.0 がリリースされました。
詳細はこちら をご覧下さい。

設定例 > Interface > Switch 作成

提供: EdgeOS 日本語Wiki [非公式]
移動: 案内検索

このページの概要

  • EdgeMAX EdgeRouter の EdgeOS にて、Switch 作成 を行う手順をご紹介します。
  • Web UI での設定、コマンドでの設定、それぞれご紹介します。

解説・注意点

  • Switch はハードウェア処理されるため、Bridge よりも高速に動作します。
  • 作成できる Switch 数は、ハードウェア搭載数によると思われ、EdgeRouter X : ER-X の場合は 1 つまでです。
  • Switch が利用できる機種は 以下の機種のみ です。該当機種ではない場合は、Bridge 機能をご利用下さい。
  • switch に参加する ethernet ポートには、IP アドレスを設定することはできません。IP アドレスを設定済みの場合、以下の流れになります。
    1. switch port として追加する ethernet ポート (N個) の IP アドレスを全て削除 ( delete interfaces ethernet ethN address )
    2. switch port に ethernet ポートを追加
    3. switch に IP アドレスを設定する
  • switch に参加している ethernet ポートは、flow-accounting や Dashboard の通信速度グラフといった、通信速度・通信量の集計が switch としてまとめられます。ethernet ポート毎の個別の通信速度・通信量は表示されなくなります。


設定内容

  • 作成する Switch は switch0 の名前で作成します。
  • eth1, eth2 ポートを switch ポートとして追加します。
  • switch0 に設定する IP アドレスは、192.168.0.1/24 とします。


Web UI での設定

( 未作成 )

  • メインパネル > Dashboard タブ 右下 インターフェース一覧部
    • 新規 / 既存 により、以下のいずれかの操作を行います。
      • 新規作成の場合は、インターフェース一覧部 左上の「Add Interface」ボタンから「Add Switch」を選びます。
        ※ ハードウェア搭載数により、作成可能な数は限られます。多分 1 つのみ。
      • 設定更新の場合は、インターフェース一覧部 に既にリストアップされていますので、該当行 右端の「Action」から「Config」を選びます。
    • Address 等の設定は、ethernet ポート等と同様です。Switch Ports 欄にて、参加するインターフェースを選択します。


コマンドでの設定

  1. Configure モードに入ります。
    USER01@EDGEOS:~$ configure
    [edit]
    USER01@EDGEOS#
    
  2. switch0 のアドレスを設定し、switch-port に eth1, eth2 を追加します。
    set interfaces switch switch0 address 192.168.0.1/24
    set interfaces switch switch0 switch-port interface eth1
    set interfaces switch switch0 switch-port interface eth2
    
  3. 設定をコミットします。
    USER01@EDGEOS# commit
    
  4. 再起動後にも反映されるよう、設定を保存します。
    USER01@EDGEOS# save
    Saving configuration to '/config/config.boot'...
    Done
    [edit]
    


関連項目

ご意見を共有しましょう