カテゴリ一覧
最近の更新
メニュー

2016/02/23 EdgeMAX シリーズのファームウェア v1.8.0 がリリースされました。
詳細はこちら をご覧下さい。

コマンド > configure > service > dhcp-server

提供: EdgeOS 日本語Wiki [非公式]
移動: 案内検索

このページの概要

  • 当ページでは、Configure モード 設定編集系 コマンドで、service dhcp-server を利用する方法をご紹介します。


解説


  • DHCP サーバーの設定は、各サブネット毎に 1 つの DHCP Pool を shared-network-name でエントリ名を指定して作成します。
  • 適用する ethernet ポート等の指定はなく、サブネットから自動的に判定されます。
  • 固定 IP 割り当ての設定は、static-mapping 以下の設定ノードで行います。
  • 1 つの DHCP Pool エントリ (shared-network-name) に複数の static-mapping エントリを設定することができます。
  • 設定ノードによって、有効 / 無効 の指定方法が異なり、非常に紛らわしいので、ご注意下さい。以下に例を挙げます。
    • set 〜 disable で無効化、set 〜 enable で有効化
    • set 〜 disable で無効化、delete 〜 disable で有効化
    • set 〜 disabled true で無効化、set 〜 disabled false で有効化


よく使いそうなコマンド


service dhcp-server のパラメーター


動作確認


関連項目



凡例

「★」は、不明であることを表しています。

注意事項

動作の確認は、EdgeRouter X : ER-X にて行っています。 他のモデルでは、一部動作が異なる可能性があります。

ご意見を共有しましょう