カテゴリ一覧
最近の更新
メニュー

2016/02/23 EdgeMAX シリーズのファームウェア v1.8.0 がリリースされました。
詳細はこちら をご覧下さい。

コマンド > compare (configure)

提供: EdgeOS 日本語Wiki [非公式]
移動: 案内検索

このページの概要

当ページでは、Configure モード compare コマンドの使い方をご紹介します。


解説

  • compare は、設定管理系のコマンドです。
  • commit コマンド実行により、稼働中の設定に反映する前に、設定変更点を確認することができます。
  • 履歴 (リビジョン) 番号は、履歴が作成されていれば、compare <TAB> と入力することで、入力補完時に確認することができます。
    • 履歴が作成されていない場合、履歴を保存しない設定になっている可能性が高いです。以下のコマンドにより、履歴を保存することができるようになります。
      set system config-management commit-revisions {0-65535}


compare コマンドの使い方

  • compare
    Compare configuration revisions
    • compare <ENTER>
      Compare working & active configurations
      現在稼働中の設定と、変更中 (commit 前) の設定とを比較します。
    • compare {N (rivision)} <ENTER>


実行例 : コマンド実行例 > compare (configure)


関連項目



凡例

「★」は、不明であることを表しています。

注意事項

動作の確認は、EdgeRouter X : ER-X にて行っています。 他のモデルでは、一部動作が異なる可能性があります。

ご意見を共有しましょう