カテゴリ一覧
最近の更新
メニュー

2016/02/23 EdgeMAX シリーズのファームウェア v1.8.0 がリリースされました。
詳細はこちら をご覧下さい。

コマンド実行例 > show (operational) > show upnp2

提供: EdgeOS 日本語Wiki [非公式]
移動: 案内検索

このページの概要

当ページは、Operational (操作) モード時の show upnp2 コマンドについて、実行例をご紹介します。

show upnp2 実行例

show upnp2 rules

USER@EDGEOS:~$ show upnp2 rules <ENTER>
Firewall pin holes
 pkts bytes target     prot opt in     out     source               destination         

NAT port forwards
 pkts bytes target     prot opt in     out     source               destination     


関連項目



凡例

  • 「999.999.999.999」
    EdgeOS の WAN側 グローバル IPv4 アドレス
  • 「1.2.3.4」「1.2.3.5」 etc...
    外部サイト等のグローバル IPv4 アドレス
  • 「192.168.NN.NN」
    LAN 内部のプライベート IPv4 アドレスを指します。
    「192.168.NN.1」 は、EdgeOS の LAN側 インターフェース を指します。
  • 「172.NN.NN.NN」
    LAN 内部のプライベート IPv4 アドレスを指します。
    「172.NN.NN.1」 は、EdgeOS の LAN側 インターフェース を指します。
  • 「10.NN.NN.NN」
    LAN 内部のプライベート IPv4 アドレスを指します。
    「10.NN.NN.1」 は、EdgeOS の LAN側 インターフェース を指します。
  • 「...」
    省略を表します。実際には出力がさらに続きます。

注意事項

  • EdgeRouter X : ER-X にて実行しています。機種が異なる場合は、結果が異なる可能性があります。
  • 実行例は、あくまでも一例です。他の設定状態には、異なる結果となる可能性があります。
  • 有効な返却結果となるための設定ができていない場合もありますが、ご了承下さい。出力されるフォーマットから推測できるものもあるかと思います。
ご意見を共有しましょう