カテゴリ一覧
最近の更新
メニュー

2016/02/23 EdgeMAX シリーズのファームウェア v1.8.0 がリリースされました。
詳細はこちら をご覧下さい。

差分

移動: 案内検索

パラメーター > キュー遅延時間指定

1,250 バイト追加, 2015年12月20日 (日) 08:38
ページの作成:「以下の 2 通りの指定の仕方があります。 * {数値} * {数値}{SUFFIX} (※ 間にスペース無しで記述します) * {SUFFIX} は、以下のいず...」
以下の 2 通りの指定の仕方があります。
* {数値}
* {数値}{SUFFIX} (※ 間にスペース無しで記述します)


* {SUFFIX} は、以下のいずれかです。
** '''us''' : マイクロ秒
** '''ms''' : ミリ秒
** '''secs''' or '''s''' : 秒
*: {SUFFIX} 省略時は、マイクロ秒扱いになります。

== 指定可能な値範囲の制限 ==
コマンドによって、指定可能な範囲の制限があります。

* <code>[[コマンド > configure > traffic-control#traffic-control smart-queue | set traffic-control smart-queue]] [[パラメーター > smart-queue policy エントリ名|{smart-queue policy エントリ名}]] ''' interval [[パラメーター > キュー遅延時間指定|{キュー遅延時間指定}]] '''</code>
*: 1ms - 20s
* <code>[[コマンド > configure > traffic-control#traffic-control smart-queue | set traffic-control smart-queue]] [[パラメーター > smart-queue policy エントリ名|{smart-queue policy エントリ名}]] ''' target [[パラメーター > キュー遅延時間指定|{キュー遅延時間指定}]] '''</code>
*: 10us - 10s

[[Category:パラメーター]]
[[Category:(管理用:作成中)]]
[[Category:(管理用:取り急ぎ)]]